モッズヘアのこと

私はモッズヘアのファンです。20代のころ、1980年代からモッズヘアに通っています。当時は大阪に住んでいたので、最初に行ったのはあびこにある美容室ディスアンドザットでした。そこのスタイリストの人の繊細なカット技術がとても気に入ってしまい、それからずっとその人を指名しました。その人が長居に異動となりの店長になった時は、長居店まで行ってカットをしてもらいました。

ところが、その後東淀川区に引っ越してからは、長居まではさすがに遠くて行けなくなったので、またあびこ店に行くようになりました。あびこ店の担当の人は若い人でしたが、やはりカットの技術は優秀だったです。ほとんどボブのヘアスタイルを保っているので、シンプルなスタイルであるだけに、カット技術によって微妙な違いが出てしまいます。モッズヘアの技術なら安心でした。
さらに高槻に引っ越してからは、ちがう店名の高槻店に行くようになりました。いつも指名させていただくスタイリストの人はお店の主任さんです。もう10年ぐらい通っていますが、もういろいろ分かっていただいていて、好みのヘアスタイルだとか髪質も把握しているので、ほとんどお任せで大丈夫です。できるだけこれからもモッズヘアに通いたいです。

らっきょう漬けに挑戦しました

近所に住むおばあさんにらっきょうをたくさんいただきました。そこで、初めて、らっきょうを漬けることの挑戦しました。まずは、らっきょう酢というものを買ってくることから始めました。今では、漬けるだけで、らっきょうの漬物ができるというらっきょう酢なるものが売られているようなので、一番簡単そうなものとして、それを買ってくることにしました。近所のスーパーに行ってみると、季節の商品らしく、たくさん並べられていて、すぐに入手することが出来ました。
次に探したのが漬けるときに使う容器でした。これは、そのスーパーの近くのホームセンターで探してみました。これもまた、季節の商品らしく、梅酒用のビンなどと一緒に売られていて、簡単にみつかりました。
さて、いちばん大変だったのが、らっきょうの下ごしらえでした。茎ごといただいたらっきょうを夫と一緒に、実だけとりだし、皮をむいたりしたんですが、とにかく細かくて休み休みの作業になってしまいました。しかし、1時間位頑張った末に、らっきょうをらっきょう酢に漬けることが出来ました。早く食べたいと思っています。

日本どうした~動かない足

今年の父の日プレゼントは、サッカー日本代表ユニホーム応援シャツでした。あでやかなサムライブルーです。

10年ぐらい前に一度、巨人の松井選手がメジャーリーグに移籍したときに娘たちからNYマークのTシャツをもらったのですが、そのシャツを着てテレビ中継をみたらヤンキーズが勝ってばかり、おまけに松井がよく打ちました。

それででもって、昨日のサッカーは応援シャツを着て声をからして応援したのですけど惨敗でした。
スコアは1-2ですけど、内容的には1-5ぐらいの差がありました。
これだけ走らないサーッカーは久しく見たことがありません。
走っているのは相手チームの選手ばかり。パスを受けたら前に走りながらパスをするのが基本でしょうに。パスのためのパスをしていたら絶対に勝てません。

実況のアナウンサーや解説者も、「重苦しい」とさかんに言っていましたが、日本選手全員の足が地に貼りついているようでした。
やはり緊張感からなのでしょうね。次戦は最初から思い切って攻撃スタイルでいってほしいものです。

さてあのシャツ、「どうしようかな」、悩みます。